スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
二○三九年の真実
二○三九年の真実 ケネディを殺った男たち
 落合信彦 集英社


第1部 アメリカが犯した二つの罪
第2部 囮にすぎなかったオズワルド
第3部 タブーに挑戦したケネディ兄弟
第4部 大統領を憎んだ男達
第5部 カストロ暗殺計画の失敗
第6部 ニクソンの陰謀







もしかしたら、「ケネディ暗殺」って学校で習った?
私は授業聞いてなかったから、習ってないと思ってます。


アメリカってこういう世界だったのか?ってびびりました。
っていうか、人間って怖いです。
(詳細は長くなるので書きません)


ケネディ大統領のおかげで、平和な世の中になると困る団体や
利権を失う人達が手を組んで暗殺したっていうから驚きです。
しかも、暗殺のおかげでそれぞれが、かなり得したようですから。


戦争に関連する企業、裏の社会、CIA、政府が
手を組んだら何でもできますよね?


日本はどうなんだろう?って思ったら、
政府、官僚、裏の社会、企業、かなり繋がってます・・




続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

[ 2006/01/22 08:52 ]

読書感想 |
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。