スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
残業しない技術
残業をしない技術  梅森浩一  扶桑社


主な内容
 80%でもやりすぎ
 怠け者は二度働く
 早く帰る日こそいいスーツを
 時間は前で調整
 上司へアウトソーシング
 忙しいときはお互いさま
 「接待」というオトナの交際
 プライベート?もちろん最優先!







ブックオフで
タイトルが気にいったので買ってきました。


「残業しない技術」?は、ある程度あるつもりでしたが、
達人になるべく読んでみることにしました。


読み終わった感想からいいますと、
この本のやり方じゃダメです。
世の中そんなに甘くないです・・


こな感じです。
・評価されない仕事をやっても意味がない  
・仕事と料理が共通してる         
・仕事ができる人は何だって許される    
・きっちりやっても、自己満足だから無駄
・労働基準監督署を利用しろ        
・見返りを計算に入れて自腹で接待
・ネクタイや腕時計をかえてリラックスしよう 
・放っておけば、やらずに済んでしまうこともある
・残業はどうしようもないときのみ
・普段よりいい格好して用事があると思わせる   等


はっきり言って、この本をお手本にしたら、
1ヶ月後に会社にいないでしょう。 


この著者のいた職場はこれでOKだったのでしょうか?? 




          
スポンサーサイト

テーマ:同僚・上司とのお付き合い - ジャンル:就職・お仕事

[ 2006/01/24 20:18 ]

読書感想 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。