スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
社長失格 ぼくの会社がつぶれた理由 板倉雄一郎
社長失格 ぼくの会社がつぶれた理由 板倉雄一郎  日経BP社


第1章 創業
第2章 展開
第3章 ハイパーシステム
第4章 転落
第5章 倒産







読む前は、ハイパーシステムも板倉元社長も
知りませんでした。
当時流行となっていた
ベンチャー企業の代表的存在だったようです。
容姿もなかなかでいい男でした。


読終わった後、こんなに器の大きい人なのに、
こんな結果になってしまう世の中が納得できませんでした。
本自体、読みやすく、ためにもなる
お勧めの本です。


新しいアイデアを次々と考えて、
実現していったことは、すばらしいです。
また、超有名人との接触、賞の受賞等もあり、
もの凄い経験を数年でしてました。
私だったら、小さな儲けで満足してしまうでしょうが、
板倉元社長は、考えてることが大きかったです。


ただ、時代が悪かったのか?
銀行に振り回されて、潰されたようでした。
(本では、自分が悪いって徹してますが)
あまりに銀行が酷く、ここでは書けません・・
日本では、大企業は守られてますが、
中小企業は、逆に潰されることが多いようです・・


銀行員のほとんどは、高い給料だけもらっていて、
仕事が教科書通りなんですから救いようがないですよね。
※「元銀行員の横田濱夫さん」の本を読むとおもしろいですよ


これから、板倉雄一郎さんの他の本を読んでみようと思います。




スポンサーサイト

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

[ 2006/02/09 22:59 ]

読書感想 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。