スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
マスコミは変わるだろうか?
年末の大連立騒ぎは、
ゴミウリ新聞のナベツネ氏が
仕掛けた
のはほとんどの国民が知っただろうと思う。
ゴミウリ新聞では、その後もずっと小沢代表攻撃を続けているらしい。
他にも意図的な捏造記事を乗せて某企業を陥れたこともある。


3K新聞は年金問題は国民が悪いと言うし・・
カスゾエ大臣ができもしないのを承知で「年金はまかせろ!」
って選挙用に言ったことに対して、
「国民が彼にそう言わせたのが悪い(そういう空気を作ったのが)」
「民主党の長妻議員もできないのわかっていながら指摘しないのが悪い」



どう見ても、年金は3月までに全て解決すると大ミエきったのは、
アベシンゾー、カスゾエを中心とした自民党であり、
国民自身もほとんどが信じてなかったと思う。
私自身は「2ヶ月後には国民は別の話題に興味を持っているだろう」
という自民党の18番の考えだと思っていた。(そして、先送り)
3月が来たらどんな言い訳でごまかすのかな?って。
そして、長妻議員は指摘しまくってたよ・・さまざまな場面で。
ただ、カスゾエが逃回っていたけどね。(痛いとこをつかれるから)


このような出来事の積み重ねでマスゴミに対する不信感が大きくなっていると思う。
ご存知のとおり、ゴミウリ新聞、3K新聞は自民党の宣伝機関。
国民に正確な情報を伝えることを期待しちゃいけない。
それどころか、自民党に都合のいいように記事を書くから救いようがない。


「聖教新聞」(公明党)、「赤旗」(共産党)をどう思うだろうか?
私自身の見解ですが、ゴミウリ新聞、3K新聞を読むんだったら
その対極に位置する「赤旗」も読み比べてみるのがいいと思う。


2008年になったわけだけど、
無責任総理が4代続いてやばくなってきた自民党。
マスコミはそろそろ自民党を見限ってくるかもしれない。







↓自民党が嫌いな人は、こちらを押してください
にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ


↓好意的に読んでくれた人は、こちらを押してください
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
[ 2008/01/08 22:04 ]

未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。