スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
社保庁にまともな人間はいるのか?
最近めっきり、ガソリン税の影に隠れた年金問題。
でも、次々と社保庁の常識はずれな事実を耳にする・・・


もともと国民をどう騙す(ごまかす)かしか考えてないんだから、
何やっても驚かないけどね。
なので、今回聞いた内容は、社保庁はバカばっかりだという
ひとつの雑学として覚えておいてほしい。


ご存じのとおり、消えた年金(本当は使っちゃった年金)に対して、
社保庁は与党(フクダ、アベシンゾー、カスゾエ等)と組んで、
さまざまなウソやごまかしを繰り返してきたわけだ。


最近以下のような事が発生してるようだ。


社会保険庁のコンピューターに未入力の
「旧台帳」と呼ばれる年金記録
計1466万件の入力作業で、
人材派遣会社から派遣された中国人のバイト約60人を採用し、
氏名を書き写す作業で大量のミスが発生していた。


日本人の姓と名を区別できなかったり、
旧字体やひらがなを正確に
読み取れなかったため・・



社保庁の職員はどんなに忙しくても、
ノー残業、完全土日祝日休。

普通の日もバイト任せってのは有名だけど、
中国人まで使っていたとは・・


ホント頭使わない連中だ。中国人に任せるより、
日本人である職員が少しはやれ!
どうなるかは、考えればわかるだろ!


ありえないけど、年金廃止してほしいものだ。
それが、結局、国民が1番損をしない方法だと思うんだけど。
だって、放っておくと今後も年金として集めたお金ムダ使いするって。
彼らのサイフとして。
議員年金はしっかりしてるのがその証拠でしょ。。。


ランキングに参加してます。
ご協力をお願いします。
↓押してください(自己満足のランキングですが)
にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
スポンサーサイト
[ 2008/02/08 18:28 ]

未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。