スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
大犯罪の元凶が選挙に出るんだって?
人の記憶は忘れやすいものです。
半年以上前になると、かなり覚えてないですよね。
それが、1年以上前だとなおさらです。


耐震偽装事件ってのはまだ覚えてる人も多いでしょう。
そして、小嶋さん、姉葉さんも覚えてるでしょう。
アパグループまで覚えてる人は少ないでしょう。
更に少ないと思いますが、
藤田さんが本出したのを思えてる人も少ないでしょう。


そして、私自身は本に出てくる国土交通省の役人の名前は覚えてなかった。


きっこのブログを読んで、びっくりした。
↑是非読んで欲しい内容です!


一部、勝手に引用させて頂く。(青字)


今回の補選は、民主党の現職、平岡秀夫衆院議員と、
自民党の新人、山本繁太郎の一騎打ちって言われてるけど、
簡単に言えば、平岡秀夫が当選すればガソリン代は安いままで、
山本繁太郎が当選すればガソリン代はまたバカみたいに高くなるってことだ。


だけど、そんなことよりも、あたしがアンビリーバボーなのは、
全国を震撼させた耐震偽装問題で、
自民党の森派の癒着議員たちの身を守るために、
インペイに次ぐインペイを重ねた上に、
民間人にすべての罪をなすりつけた元凶、
国土交通省の山本繁太郎住宅局長(当時)が、
よくもまあ平然と国民の前に顔を出せたもんだと思う今日この頃、
皆さん、呆れ返りませんか?


本来は誰よりも先に裁かれなきゃならないような人間たちが、
何のオトガメもなかったどころか、
「問題が大きくなって自民党の癒着議員たちに飛び火しないように」と
裏で暗躍したゴホウビとして、
自民党から立候補したり、国交省内で大昇進したりと、
アカラサマな特別待遇を受けてたってことだ。


そして、今回、国交省の中で異例の大昇進をした山本繁太郎も、
佐藤信秋に続いて自民党から出馬するという、
あまりにも分かりやすい大癒着劇を披露してくれたってことだ。



日頃から、注意している私ですらこんな感じだから
「山本繁太郎」が勝っちゃうかもしれませんね。
(彼を知らない人の票で)
自民党ってメディア操作っていう、最大の武器を持ってるから。
山口県の方が一人でも多くが事実を知って、1票を投じてほしいと思います。



ランキングに参加してます。
ご協力をお願いします。
↓押してください(自己満足のランキングですが)
にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
スポンサーサイト
[ 2008/04/16 16:16 ]

きまぐれ文章 | コメント(0) |
<<8割・・いいんだ | ホーム | マンション安売り開始みたい>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。