スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
「鈴木宗男」氏の本を読んだ。外務省は・・
「鈴木宗男氏」と「佐藤優氏」の「反省」という本を読んだ。


ちなみに、この2人は、ロシアと深い繋がりがあったので、
外務省から切り捨てられたとの噂がよく聞かれます。


アメリカは日本がアメリカ以外の国と友好になると困るから
自民党にさまざまな国家権力を使わせて、邪魔者を排除してきたという噂もよく聞く。
情けないぞ、アメリカに絶対服従の自民党!
まあ、アメリカが自民党のスポンサーだって話だけど。。


本の概要を簡単に言うと、
外務省の官僚であったとき、外務省の数々の悪事を見ていたが、
それを注意したり直させたりしなかったことを後悔しながら反省するという内容。


外務省が腐りきっていることがよくわかります。
書きたいことが満載なので、書きませんが、
是非、一読して欲しい本です。


元外務省といえば、天木直人さんを思い出しますね。
「イラク戦争」に反対という意見を貫いたらクビにされたっていう。
天木直人さんの「さらば外務省」も是非、読んで欲しいです。


外務省に限らず、日本は役人天国です。
上記の外務省の本を読めば、役人の考えや行動の一部が理解できます。
国民が彼らの不正な行動を知ることが、改善の近道なのではないでしょうか?


国民は税金で彼らを雇っているという真実があるのにね。。
役人は優雅な暮らしをして、国民は生活苦が多い。
しかも、役人は国民を見下し、国民は何故か役人を尊敬している。
普通、逆だろ?国のために働いてくれよ。役人のみなさん。



ランキングに参加してます。
ご協力をお願いします。
↓押してください(自己満足のランキングですが)
にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
スポンサーサイト
[ 2008/05/15 12:49 ]

読書感想 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<「吉兆」なんて庶民には関係ねえ! | ホーム | アメリカ産牛肉はダメでしょ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://meronpan58.blog46.fc2.com/tb.php/251-2faf9c70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。