スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
厚生労働省なんて信じられるか?
現在、日本の悪は官僚に集中してるといっても過言ではない。
一応、再確認のため書いておくけど、支持率が20%をきった「フクダ内閣」は
官僚のいいなり政策だ。


だから、彼は総理という立場ながら、
「俺には関係ない」的な態度を取っているんだろう。
まあ、自民党では誰が総理になっても官僚にコントロールされ
言いなりになるのは変わらないけど。


で、外務省、財務省、防衛省、厚生労働省は、不祥事だらけであり、
かつ、良心のかけらさえも失いかけている。
今さら信用できないし、実際なくなったらどれほど日本が豊かになることか。。



BSEについて以下の記事を見つけた。(青字)


全国食健連(国民の食糧と健康を守る運動全国連絡会)は二十九日、
BSE(牛海綿状脳症)の安全体制が確保できない
米国産牛肉の輸入中止と国内の万全な安全体制を取るよう
厚生労働省に要請しました。


米国産牛肉をめぐっては、
BSEの特定危険部位となっている脊柱(せきちゅう)が日本に輸入され、
四月二十三日に牛丼店から見つかる事件がおきています。
しかし、全面輸入中止措置をとった二〇〇六年の前回と違い、
米側輸出工場だけの中止にとどめています。


全国食健連の坂口正明事務局長らは、
違反が続いていることはBSEの安全性に甘い認識があるからだと強調。
「米国は牛肉骨粉を鳥のえさにするなど流通を禁止していない。輸入を全面中止して、
日本並みの安全体制を求めるなどき然とした対応をすべきだ」と求めました。



どう感じただろうか?
厚生労働省は、国民のことを奴隷以下と見ているので、
これくらいのことでは、アメリカの機嫌を損ねるようなことはしないと断言しておく。


マスゴミが報道しない時点で、このBSEのニュースに対して、
国民へ知らせたくない規制が実施されているんだろう。


改めて、アメリカ牛を食べないように自分で気をつけねば。。




ランキングに参加してます。
ご協力をお願いします。
↓押してください(自己満足のランキングですが)
にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
スポンサーサイト
[ 2008/06/02 11:56 ]

きまぐれ文章 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。