スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
吉野家が繁盛してるけど
日本では今だに、牛丼といえば「吉野家」ってのが定着てしるようだ。
吉野家を見るたびに思う。
何故、いつもこんなに人気あるんだろう?って。


ここのブログで何度も吉野家NGを書いたけど、
再び書いておこうと思う。
このブログにくる50%は、初回訪問みたいだし。(アクセス解析の数字では)


吉野家は米国産、すき家はオーストラリア産の牛肉を使っている。
牛肉への両社のこだわりは、日本の経済界でたびたび話題になっているらしい。


吉野家は「米国産でなければいい味を出すことはできない」と、
牛丼の販売を中止した。
その後、米国産牛肉の輸入再開を受けて牛丼の販売を再開した。
当時、「牛丼復活祭」まで実施した。
そして、危険極まりないアメリカ牛をお客さんに売るわけだ。
工場で危険なとこが見つかっても売り続けている。
交通事故にあうより可能性が低いって・・
そんな確率で死んじゃうんじゃねえ・・



すき家は逆だった。
米国で狂牛病が発生するや、
すぐに牛丼の材料をオーストラリア産に切り替え、
米国産牛肉の輸入が再開された後も、
オーストラリア産にこだわり続けている。


すき家の社長は米国の牛肉加工場を視察した。
そして、「管理体系が不十分だ」と判断して、
輸入再開を決めた日本政府を猛烈に批判している。
本来は日本国民も韓国みたいに政府に謝罪させるくらいじゃないと・・
こっそりと強制的に規制をあまくした
無責任の日本代表「アベシンゾー」なんて、終身刑だって騒いでもいいと思う。


ちなみにすき家の経営哲学は
「食べ物の安全に関しては、世界一臆病だと言われてもいい」。


でも、一番不思議なのは、
吉野家っておいしいと思えないのに
人気あるよなってこと。


牛丼好きだけど、昔から吉野家っていかなかったし。
「すき家」、「松屋」はよく行ったけど。
(いろんなメニューから選べるし)
ブランド好きな日本人が吉野家ブランドをありがたがっているのかな?



ランキングに参加してます。
ご協力をお願いします。
↓押してください(自己満足のランキングですが)
にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
スポンサーサイト
[ 2008/06/14 21:45 ]

きまぐれ文章 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。