スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
志位委員長の訴え(新宿駅東口)6
演説の模様を読んで、多くの人に読んで欲しいと思ったので
数回にわけて引用させてもらおうと思う。
共産党嫌いな人も読むだけ読んで欲しい。
そして、国民を見下す最低な自民党と比較して考えて欲しい。



社会保障の問題はどうでしょう。
後期高齢者医療制度への国民の怒りはつのる一方です。


こともあろうに、終戦記念日の八月十五日に、
三回目の年金からの天引きがおこなわれました。
四回目は十月十五日。
今度は、これまで天引きされてこなかった
「後期高齢者」の方から新たに三百二十五万人が天引き。
さらに六十五歳から七十四歳までの「前期高齢者」の国保料も天引きになる。
こちらは約三百万人。
あわせて新たに六百二十五万人の天引きが始まる。
これまでやられてきた方とあわせて、
千五百万人もの天引きが予定されています
「10・15ショック」が日本列島を襲うことになります(「絶対に許せないぞ」の声)。


私は、先日、東京・豊島区の「巣鴨地蔵通り商店街」で訴える機会がありました。
私の訴えが終わりましたら、八十二歳のおじいちゃんが、
「わしにも訴えさせてくれ」
と、
マイクを握られたんですよ。


「私は特攻隊の生き残りです。戦後まじめに働き、一月も欠かさず年金を納めてきた。
ところがこの年金通知書を見てくれ。介護保険料が引かれ、
後期高齢者医療の保険料が引かれる。
戦火を生き抜き、復興を支えてきた私たちに、
早く死ねと言わんばかりのこの仕打ち。我慢ができない」


みなさん、この制度の一番ひどいのは、生きている人間を七十五歳で線引きする。
七十五歳というお年を重ねただけで、これまで入っていた国保や健保から追い出して、
別枠の医療制度に囲い込む。
保険料は天引きで二年ごとに上がっていく。
長寿の人が増えるほど上がっていくのです。
そして診療報酬はどんどん下がっていく。
まず高血圧や糖尿病の治療や検査が抑えられるという事態が始まっています。


お年寄りを年齢で差別するような、こんな制度を導入している国が世界にありますか。
日本だけですよ。

「恥を知れ、自公政権」と、私は言いたい(「そうだ」の声、大きな拍手)。
お年を召したら、みんなでお祝いして、
医療費は無料にしましょうというのが
真っ当な政治のあり方だと私は訴えたいのであります。(拍手)



ランキングに参加してます。
ご協力をお願いします。
↓押してください(自己満足のランキングですが)
にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
スポンサーサイト
[ 2008/09/29 20:01 ]

きまぐれ文章 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。