スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
朝日はいい加減にしろ
テレビ朝日に非常に興味をそそる番組があった。
「ガチンコバトル 竹中平蔵vs亀井静香 因縁対決」
ってなことが書かれていた。
出演者見て、田原総一郎が司会をやるのを知って、
どんな進行で進むのかは予想はしていた



予想を上回る酷さだった。
1vs1のガチンコバトルじゃなく、大袈裟にいえば、
「亀井さんvs竹中+その他全て」
(田原、たけし、スタジオにすわってた2人、年賀状に出てきた人、スタジオ内の笑いを誘うサクラ達)


まず、いつもの通りである田原総一郎。
亀井さんが竹中ヘイゾーに指摘し始めると、ほとんどの場面で話題を返させたり、
無理やり自分が話し始めて、亀井さんを黙らせる。
そして、自分の話しを強引に亀井さん批判に変えてくる。
当然のごとく、不要な発言を誘導していた。
もし、変な発言をしようものなら、数週間渡ってマスゴミのネタとするんだろう。



こんなアホらしい策略だらけの番組に、
亀井さんよく出演OKしたなって思ってたら、
田原総一郎は「亀井さん、出演断りすぎだ!」って文句まで言ってた。
ってことは、亀井さん潰しの番組を常に準備してるんだって思った。


ビートたけしは、亀井さんの発言を田原総一郎が止められなかったときに
ちゃかして(笑いで)、場の雰囲気をこれは冗談だよって感じに変えていた。
それによって、会場のサクラ達が大笑いすることによって、
亀井さんの立場を弱くしていた。
いろいろと言われているように、
ビートたけしも田原総一郎と同類だってことがよくわかった。


もう一人の男はタイミングよく、亀井さんに都合の悪そうな情報を何度かに渡って
パネルにまとめて提示して、亀井さんに質問していた。
竹中側からみると絶妙のタイミングで出てきていたことから、
テレビ朝日の番組作りに問題があると言わざるを得ない。


そして、亀井さん宛ての年賀状が3人から届いたと言って紹介したが、
3名とも亀井さんを批判するだけであった。
そんなの年賀状じゃない
し、その年賀状を元に亀井さん攻撃を激化していた。
ホント、何のための番組なんだか・・
テレビ朝日の狙いは明らかだ。
亀井さんの評判を落とす。鳩山内閣の評判を落とす。だろう。

あわよくば、竹中支持者増。自民党支持者増を狙っていた。


当然、田原総一郎は、竹中平蔵の話は全て、気持よく話させていた。
それどころか、全て肯定してたな。
また、竹中ヘイゾーって人は、凄いと思ったよ。
多数の日本国民を平然と騙し続けて、笑顔で話し続けるんだから。
自分がどれだけ酷いことしてるかは、確実に自覚してるくせに


最後までキレずによく頑張ってた亀井さんに賛辞を贈りたい。


こんな番組作りしてるから、視聴者が離れて行くんだよ。
ただ、今年の夏の選挙が終わったら
マスゴミ得意の手の平返しが実施されるだろう。


そうなると、竹中ヘイゾーは逮捕確実。
自民党は消滅直前。
田原総一郎はどの番組でも使ってもらえないだろう。
マスゴミは民主党の犬に変身するんだろう。
でも、民主党はマスゴミを許さないでほしいな。
スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

[ 2010/01/03 20:46 ]

きまぐれ文章 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。