スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
検察が公正中立であると信じている人
「Aobadai Life」からの引用


検察が、今にはじまったことではないとはいえ、
このように、自らの利権や政治的意図をもって、
国民から選ばれた政府指導者を逮捕できる
ということは、
もはや日本が、裁判所が民主政府を否定するトルコや、
また、軍隊が毎回クーデターを起こすタイと同じレベルの
仮想・民主主義国であることを世界に証明するだけのことであり、
あまりの見苦しさに、ため息の出る思いである。


これまでも「国策捜査」を乱発してきた東京地検が、
この一年間で、国民から失った信頼というのは、
非常に大きすぎるものがある。
もはや、検察が公正中立であると信じている人なんて、
よほど世の中のことに無関心であるか、
または、よほどのバカ
でもないかぎり、いないのではないか。


同様に、官僚や既得権益、またはアメリカの御用宣伝機関である
御用マスコミについても同様である。

もちろん、良識のあるディレクターや、記者は、
それぞれの組織の圧力の中で、
ちゃんとした報道をしようとがんばっている人もいるが、
しかし、その全体として伝わってくる「御用メディア」の体質は、
部数や、視聴率の激減と比例して、
国民からの信頼もどんどん失っているのではないかと思う。


さて、われわれ国民からして困るのは、
マスコミにしても、検察にしても、
このように、自らの利権のために動いているということが、
もう見えてしまったときに、いったい何が真実であるか、ということを、
つかむのが非常に難しいことである。

スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

[ 2010/01/07 22:55 ]

引用 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。