スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
小沢さんは偉大な人だ
植草一秀の『知られざる真実』」より引用
いくつかあるので、何か所かにわけて、引用させてもらう。




小沢一郎民主党幹事長の
政治資金管理団体が
不動産を保有していることを批判する者がいる。


しかし、
政治資金管理団体での不動産保有は
2007年7月の政治資金規正法改正により
新たに禁止されたのであって、
それ以前は合法行為である。
不動産保有を批判する根拠はない



小沢氏の政治資金管理団体が不動産を保有し、
その不動産を秘書の寮として活用し、
全身全霊を注いで政治家としての
教育
を施してきたことは賞賛されることはあっても
非難されることではない




毎年政治資金を億円単位でかき集め、
その資金を湯水のように使う、
放蕩息子のような国会議員が多いなかで、
小沢氏は貴重な浄財である政治資金を大切に蓄蔵し、
その不動産で政治家の養成に力を注いできたのだ。



麻生太郎前首相
3年間に4億3000万円余りの政治資金を集め、
そのうち7000万円以上
飲食費に充ててきたとのことだ。


小沢一郎氏は会食の際にも価格の低い居酒屋を多用するなど、
放蕩生活とは程遠い様式を保ってきた。



政党の不動産所有も禁じるべきで、
特に自民党本部のように、
時価80億円という国の土地を、
わずか7000万円と、
固定資産税より安い賃料で借りて、
建物を保有している例を見ると、
むしろ土地を保有するより有利なことをやっていることになります。


自民党の方々は、
自分たちの主張が正しいと思うなら
すぐに本部を更地にして、
国に返還するべきではないか。



「みんなの党」の渡辺喜美代表が、
政治資金管理団体が不動産を保有することが
おかしいとテレビ番組で主張していたが、
まったく合理性のない主張である。


政治活動や政治家の養成に
不動産が必要である側面があるのは紛れもない事実である。

スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

[ 2010/01/22 14:42 ]

引用 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。