スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
自民党の清和会こそ捜査されるべき
文字色植草一秀の『知られざる真実』」より引用
岸信介は、史上最低総理であるアベシンゾーのおじいちゃん。。



「清和会」の岸信介元首相と米国との関係は、
対等や従属どころの話ではなく
彼はCIAに金で雇われた
米国の利益代理人=エージェントだったのです。


このことは日本の大手マスコミは一切報道しませんが、
岸信介元首相がCIAに雇われた
エージェントであったことは
情報公開された米国務省資料
米公文書館資料ですでに証明されていることです。


ピューリッツア賞受賞の
ティム・ワイナー・ニューヨークタイムズ記者が書いた
『CIA秘録上』(文藝春秋社)
の第12章「自民党への秘密献金」に
詳しく書かれていますのでぜひお読みください。


他方「経世会」をつくった田中角栄元首相は、
1972年夏電撃的に中国を訪問して「日中国交正常化」を実現しました。
また米石油メジャーの独占支配に抗し、
日本独自のエネルギーや資源の確保に向けて積極的に
日の丸外交」を展開したのです。


同じ時期「米中国交正常化」を
秘密裏に計画していたニクソン米大統領の特別補佐官キッシンジャーは
田中角栄に先を越されたことに烈火のごとく怒り
「ジャップは最悪の裏切り者」と口汚くののしったと、
解禁された米公文書に書かれています。
スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

[ 2010/01/23 21:17 ]

引用 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。