スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
きっこのブログ」より引用
いくつかに分けて引用する。



選挙のたびに自民党とナンミョ~党による卑劣な
「インチキ票集め工作」が繰り広げられて来た。


基地建設の利権に群がる土建屋の関係者を
投票所までマトメて送迎したりするのは
ブレックファースト前
で、
選挙が近づくと、
急に名護市に住民票を移す
数多くの某カルト教団の洗脳信者どもは、
選挙で「基地賛成」の候補者に一票を投じたあと、
すぐに消えてく。



こんなインチキ選挙によって、
民意に反した「基地容認派の市長」が当選して来た。



ものすごく根本的なことを言うと、
この普天間基地ってのは、
戦争中に沖縄に上陸したアメリカ軍が、
そこに住んでた民間人に銃を突きつけて、
奪い取った土地に勝手に造った基地だ。


だから、本来なら、北方領土とおんなじに、
ニポン政府はアメリカに対して「無条件返還」を
要求すべきものだってことだ。


だけど、
アメリカの飼い犬になることを選択したニポン政府は、
「無条件返還」を要求するどころか、
アメリカが支払うべき土地代まで肩代わりして、
あたしたちの血税から年間に60億円もの
賃貸料を地主たちに支払い続けてるのだ




普天間基地にいるアメリカの海兵隊ってのは、
他国からの攻撃を迎撃するための部隊じゃなくて、
他国を侵略するための部隊なんだから、
たとえ、どっかの国がニポンを攻撃して来たとしたって、
あたしたちを守ってはくれないからだ。


沖縄にいるアメリカの海兵隊の仕事は、
皆さんご存知の通り、
ベトナムの民間人を殺しに行ったり、
イラクの民間人を殺しに行ったり、
アフガンの民間人を殺しに行ったり
っていう
「侵略行為」であって、
防衛なんかじゃない。


そして、こんなことは、
沖縄の人たちはみんな知ってるから、
基地に賛成してる人たちだって、
誰1人として
「抑止力のために基地が必要」
だなんて理由で賛成してる人なんていない。


みんな、自分が生きていく上での
「必要悪」として、
仕方なく賛成してるだけなのだ。




現在の普天間飛行場にいる海兵隊のほとんどは、
代替施設へ移動になるハズのヘリ部隊も含めて、
2014年までに、みんなグアムへ移転することが決まってる


これは、去年の11月20日に発表されたアメリカ側のロードマップ
「沖縄からグアムおよび北マリアナ・テニアンへの
海兵隊移転の環境影響評価/海外環境影響評価書ドラフト」
ハッキリと書いてあることだ。


だから、たとえ日米合意の通りに辺野古に基地を造ったって、
どこか別の場所に造ったって、
そこに海兵隊のヘリ部隊は常駐しない


で、何が常駐するのかって言うと、
数え切れないほどの墜落事故を起こしてる最悪の欠陥機
「オスプレイ」だ。


ようするに、アメリカ軍は、
常に墜落の危険と隣り合わせの欠陥機を身近に置きたくないから、
ニポンに押しつけちゃえって考えてるだけなのだ。


こんなもんに、ニポンを守る能力なんてアリエナイザーだし、
それ以前に、海兵隊にニポンを守る意思なんてない


その証拠に、アメリカ軍の海兵隊の公式ホームページを見ても、
沖縄に駐留する目的の中に、
「ニポンを守る」なんて言葉はいっさい書かれてない。
スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

[ 2010/01/27 10:25 ]

引用 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。