スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
何をやっても揉み消せる。と思ってんだろう。
日々坦々」より引用
ホント、特捜部の連中は人間と思えないよ。
マンガの中の悪党のほうが、まだマシだ。
ゼヒ知ってほしいので、ほとんどを引用します。


検察関係者
「週刊朝日の記事に対しては本気で怒っています。
懇談なんかでも『上杉のヤロウ、調子に乗りやがって、目にモノ見せてやる』と、
半ば公然と話しているくらいですから。
その報復があの女性秘書に向かったんですよ」
と女性秘書の事情聴取につながった事を示唆している。


石川議員 2月4日「別件」再逮捕へ(日刊ゲンダイ2010/2/1)


女性秘書は1月26日(火)昼ごろ、
石川事務所に「タミノ」と名乗る男から電話があり、
女性秘書に「押収品の返却があるので取りに来て欲しい」との連絡を受けた。

女性秘書は石川議員逮捕以来、
2度検察庁から呼び出しを受け、
「押収品」の返却に応じていたので今回も同様だと思い、
コートも着ず、大急ぎで地検へ向かった

ところが、検察庁につくと前回とは違う部屋に案内され、
民野健治という検事が待っいて、いきなり
被疑者として呼んだ。あなたには黙秘権があるので行使することができる。・・・」
と言われ女性秘書は事情が把握できず、
他の秘書か弁護士に連絡したい旨を告げたが民野検事はそれを無視して、
逆に携帯電話の電源を切るように命じ、
目の前でスイッチをオフ
させた、それが昼の1時45分


任意の事情聴取は、文字通り「任意」である。
被疑者であろうが、参考人であろうが、
当事者の同意が必要なのはいうまでもない。

仮に、拒否してもその場を立ち去っても問題ない
拒否も国民の当然の権利である。
ところが今回のだまし討ち監禁は、
そうした意向を問うことなくスタートしている。


民野検事は、女性秘書に、
小沢幹事長と石川議員が「共謀」していたことを
認めるように迫り続けた
という。

しかし、小沢事務所と何の関係もない女性秘書が、
そんなことを知るはずがない

それでも検事は、
「いいんだよ、何でもいいから認めればいいんだよ」
「早く帰りたいなら、早く認めて楽になれよ」
「なんで自分を守ろうとしないの。石川をかばってどうするの」

責め続けたというから異常だ。

3歳と5歳の子供を抱える女性秘書は、
保育園に迎えにいかなくてはならない。

少なくとも、保育園の閉まる午後7時までには、
夫など誰かに迎えを頼む必要がある。

検事に「保育園に行かせてください。その後、また戻ってきます。
せめて電話だけでも入れさせて下さい」
と、繰り返し懇願

それに対して検事が放った言葉がこれだったという。
なに言っちゃってんの。そんなに人生、甘くないでしょ
という台詞だったという。

 
女性秘書が解放されたのは、午後10時45分
結局、押収品も返却されなかったという

*****


「これだけでも検察権力の中に潜むなんとも言い得ない深い闇が感じられ、
腐敗した独裁者が陥る傲慢不遜な自己中心的心情と行動、
相手を思いやることを忘れた、おぞましいまでの人間性の欠如。
もうこれ以上表現がしようがない、
もう一言付け加えるとしたら、
まさに人間の負の部分を全て具現化させた「悪魔」だ!、と言いたい。」




上杉氏は
「もっと卑劣なのは、このようなことを知っていながら
一文字も1秒も報じない新聞・テレビの記者クラブメディアだ」

と言って憤慨している。


いくらお勉強ができても、いくら優秀な論文が書けても、
人間性の勉強をもっと積んだらどうだ!
滝にでも打たれ出直して来い!!民野健治!


編集後記で編集長の山口一臣氏が
「編集部へもさまざまなルートからプレッシャーがかかるようになってきた」
ことを明かしている。
味方は「日刊ゲンダイ」くらいだとか。
スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

[ 2010/02/03 00:42 ]

引用 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。