スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
調書は検察が都合のいいように作っている
植草一秀の『知られざる真実』」より引用
取り調べの意味ねえんじゃねえ?



日本の警察・検察の前近代性を象徴するのが
警察・検察に付与された巨大な裁量権である。裁量権とは、
①犯罪事実が存在しても不問に付す裁量権
②犯罪事実が存在しなくても犯罪を作りだし無実の罪を着せる裁量権

である。


違法な情報漏えいでは、
取調室での被疑者の発言を、
マスメディアがあたかも真実であるかのように報道する。


しかし、供述調書作成の実態を知るならば、
これらの違法な情報漏えいによる報道が
真実とはかけ離れていることが明白になる。


「供述調書」といっても文章を作成するのは
取り調べの警察官や検察官
である。
警察官や検察官が勝手に文章を作成するのである。


被疑者の発言通りに文章は作成されない。
取調官が「勝手に」文章を作成するのである
スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

[ 2010/02/09 17:23 ]

引用 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。