スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
国民の敵。経団連がヤバイらしい。
「山崎行太郎のブログ」より引用
トヨタがへこんだら、日産や三菱はどうなるんだ?
今より売れるようになるのかな?
ちなにみ、我が家では、キャノンの製品、出来る限り買わないようにしてる。
プリンターは自然とエプソンになった。
(そのとき、ヤマダ電器にキャノンとエプソンしか置いてなかった)


前経団連会長の奥田碩(トヨタ)や
現経団連会長の御手洗毅(キャノン)の露骨
「小泉・竹中構造改革」路線への迎合と連携を考えるならば、
当然、予想されたことである。


時を同じくして、
経団連の中核企業を狙い撃ちするかのような、
米国を中心にした「トヨタ・バッシング」がますます加熱し、
トヨタの屋台骨を揺さぶり、
ひいては日本経済をも大きく揺さぶりかねないところへ来ているが、
これは明らかに米国からの日本政府への
何らかの警告だと見ていいだろうが、
多くの日本国民や民主党政権にとっては、
これは、あくまでもトヨタの問題であって、
日本のGDPがどれだけ下がろうと、
痛くも痒くもない問題であろう。


極端に言えば、トヨタやキャノンなど、
日本を代表する大企業というよりは、
日本国民の血を吸って肥え太り
さらに自分の会社だけ生き延びようとしているハイエナ企業であって、
これらの日企業を、
日本国民の多くは「国民の敵」だと思っているはずなのだ。
スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

[ 2010/02/20 22:54 ]

引用 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。