スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
自民党の与謝野は金融ド素人なのか

普通に株持ってる人のほうが、与謝野より知識があるといえる。
あんなボケ老人は議員辞職すべきだ!
その前にいろいろと説明責任を果たす必要もある。


植草一秀の『知られざる真実』」より引用


財政政策慎重論消費税増税論
主張する与謝野馨氏自身の言動
最も激しくぶれていることを見落とせない。


サブプライム金融危機が本格化して
日本経済が戦後最悪の不況に陥った2008年後半、
与謝野馨氏は自民党総裁選に際して
サブプライム危機に伴う日本経済への影響について、
蚊に刺された程度のこと」と明言した。


与謝野氏は麻生政権の閣僚に起用され、
極めて小規模の2008年度第一次補正予算を編成したが、
日本経済の急激な悪化に動揺して
すぐに第二次補正予算編成に追い込まれ、
さらに、2009年度は年度に入ってすぐに
14兆円規模の補正予算編成に追い込まれた。


経済の見通しを誤り
政策対応が右往左往したことが
政策の軌跡に鮮明に示されている。


日本財政を劇的に悪化させたのが
2009年度第一次補正予算
である。


歳出を14兆円拡大する一方で、
税収見積もりを9兆円も読み誤った。


この究極のバラマキ政策税収の見積もり誤りが、
日本財政を崩壊させたのである。


与謝野氏は日本財政破壊の主犯の一人であり、
この人物が鳩山政権の財政運営を
批判
することは笑止千万である。
スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

[ 2010/03/08 06:56 ]

引用 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。