スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
小泉・竹中は悪党だとわかっていたが、こんなに影響あったんだ・・
知ってのとおり、コイズミは「アメリカ国債は死んでも売りません」
って約束してたんだ。
ってことは、日本の税金を全てプレゼントしたってことになる。
早く、全てを国民に知らせるべきだ。


杉並からの情報発信です」より引用


大手マスコミは意図的に報道していませんが、
さる2月9日の衆議院予算委員会で
民主党の小泉俊明議員
日本経済をこれほどまでに落ち込ませたのは「小泉・竹中構造改革」である
と「小泉・竹中構造改革」を痛烈に批判する
論陣を16分にわたって繰り広げました
これは画期的なことです。


小泉首相と竹中金融担当相と財務省
2003年の一年余りの短期間
ドル買した35兆2565億円はすべて
米国債購入
に充てられました。
このお金こそ今我々が苦しんでいる
「需給ギャップ」のお金そのものなのです。


米国に貢いだ「35兆円」は
米国が始めたアフガニスタンとイラクへの侵略戦争に使われました。


米国に貢いだ「35兆円」は
米国の「サブプライム住宅ローン」バブルを引き起こしました。


米国に貢いだ「35兆円」は
ハゲタカ外資の「日本買い」資金となり日本の不動産や株が買い占められました。


米国に貢いだ「35兆円」は
投資ファンドの投機資金となり原油や小麦やとうもろこしなどの
穀物が買い占められ価格高騰を引き起こし途上国で暴動が発生しました。


米国に貢いだ「35兆円」は
投資銀行によって正体不明の金融派生商品が開発され
世界中に拡販され膨大な金額の「隠された不良債権」を生み出しました。
スポンサーサイト
[ 2010/03/18 22:17 ]

きまぐれ文章 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。