スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
プライドの高さ自慢?自民党の終わってる連中
プライドだけ超一流の自民党のクソ議員も・・
彼らをもち上げ続ける大手メディアも・・
一生国民に罪を償って生きろ!
学生時代に勉強できたヤツは、
将来、甘いミツを吸いまくることばかり考えるってことか。
国民のためなんて、思ってるヤつは1割もいないだろうね。


ゲンダイネット」より引用



「与謝野、舛添に連携を呼びかけた鳩山邦夫は、
『日本一、頭がいい政治家・与謝野馨、
国民の期待度が高い舛添要一』と、語りかけた。


舛添は、その一言が許せなかったのではないか、とみられているのです。
邦夫と舛添が、東大法の同期生だということはよく知られている。
2人は高校時代から、全国模試の上位に名を連ねるライバルだった。
もっとも、東大を首席で卒業した邦夫の方が圧倒的に優秀だった。
どうやら、負けず嫌いの舛添は、
いまだにそのことを気にしているようなのです。
そこに邦夫が、『日本一、頭がいい与謝野馨』と言ったものだから、
舛添が
『やっぱり邦夫は、オレより自分の方が賢いと思っているのか』
とカチンときても不思議ではありません」
(永田町事情通)


あまりにもバカらしい話だが、
かつて鳩山邦夫は、「頭の良さ」をめぐって
東大法の後輩である片山さつきの一言に
激怒
したことがあるという。


「まだ財務省の役人だった片山さつきが
『鳩山先生は高校時代、全国模試で1位、1位、3位、1位だったそうですね』
と聞くと、
邦夫は自慢そうに『そうだ』と答えた
すると片山さつきが
『私は1位、1位、1位、1位でした』
勝ち誇ったように言ったというのです
さすがに邦夫は、あとから
『あの女はなんだ!』とカンカンだったといいます」
(霞が関関係者)
スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

[ 2010/03/22 13:37 ]

引用 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。