スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
大手メディアの社員はいいよなあ
大手マスゴミに勤務してるだけで、
楽して大金をもらえるんだから。


金融日記」より引用


フジテレビの社員の平均年収は軽く1500万円を超えるし
TBSも1500万円弱
テレ朝、日テレも1300万円超えである。


その一方でソニーの年収こそ900万円を超えるが、
パナソニックや東芝や日立は700万円程度である。


要するに世界に誇る日本のハイテク・メーカー
社員の年収は、テレビ局の社員の半分なのである。


新聞社は上場していないので詳細なデータは不明だが、
日本の新聞社はこれらのテレビ局の筆頭株主になっており、
テレビ局社員と同等の年収を得ていると思われる。


これだけ社員に大盤振る舞いしていたので、
リーマンショックにより急激に落ち込んだ景気により
広告収入が急減したため赤字決算になっただけなのである。


広告収入が激減しても、
社員はリストラされていないし
変わらずに高い給料が支払われているのだから、
会社が赤字になったという小学生でもわかる話なのである。


日本のマスメディアで働く人たち、
そして彼らが我々日本国民に提供するサービス
つまりテレビ番組や新聞のニュース、これらのサービスが
メイド・イン・ジャパンのプロダクトを作り、
それを世界に売る日本のメーカー
エンジニアたちの2倍の給料に本当に資するのかどうかを。


日本のマスメディアは、
本当に我々の社会を豊かにする報道をしてきのだろうか?
そして、国家権力を監視するという
ジャーナリズムの役割を真摯に担ってきたのだろうか?

本当にメーカーの社員の2倍の給料を
もらうだけの社会貢献をしてきのだろうか?
スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

[ 2010/03/26 07:10 ]

引用 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。